GREYHOURS WATCHES ARE 20% OFF FOR CHRISTMAS
Diamond like carbon (DLC)

DIAMOND LIKE CARBON (DLC)

DLCコーティング(ダイヤモンドに似た炭素蒸着法)はアモルファスカーボンとも呼ばれる特別な保護材です。DLCは、化学蒸着法で作られます。この方法では、不活性ガスにより、真空環境で表面に炭素原子の層を作り、ダイヤモンド・クリスタルと炭素原子が混ざった薄い階層状のめっきを形成します。装飾的な美しさに加えて、DLCコーティングは、その不変性、耐腐食性、優れた硬度と乾燥時摩擦係数の低さによってとりわけ名高い加工です。このブレンドにより、極めて耐久性の高いカーボンブラックの色調が生まれます。この技法は、F-1をはじめ、発電、航空宇宙、医療セクターのような様々な分野で20年以上使用されており、近年ではウォッチにも活用されています。

お求めはこちらから: Essential Dark Hours, Vision Shine Carbon


ION PLATING HARDENED (IPH)

ION PLATING HARDENED (IPH)

IPH コーティング(「硬質イオンプレ-ティング」)は、一般に「物理気相蒸着法」(PVD)として知られるイオンプレ-ティング法を使用し生みだされます。この処理は、時計の表面を、スチール、チタン、セラミック、ニッケル銅族の合金を蒸着させ、金属の堅く薄い緻密層を作ります。このコーティングは、時計の外観の審美性を高め、日常的に発生する引っ掻きや磨滅の跡から、長期にわたって永続的に保護します。さらに、この処理は優れた耐腐食性を実現します。

お求めはこちらから: Essential Light Hours, Vision Classic Silver, Vision Shine Moon


Physical Vapour Deposition (PVD)

PHYSICAL VAPOUR DEPOSITION (PVD)

物理蒸着法(PVD)は、金属コーティングを行う表面処理で、工業用技術を時計製造に応用したものです。この処理工程は、ステンレス鋼に窒化チタン(密度が高く硬い金属)の層を複数蒸着させています。物理蒸着は陰極アーク源によって、150 °Cから500 °Cの間の温度で真空槽の中で行われ、様々なガス反応によって、酸化物、窒化物、炭素あるいは炭窒化物を蒸着させていきます。この後で、23.5カラットゴールドまたはカーボンに似た色調を出すため、チタン・コーティングをさらにコーティングします。PVDは、褪色せず、摩耗への強さも大きく向上する技法です。

お求めはこちらから: Vision Classic Champagne, Vision Classic Gold, Vision Shine Electron


サファイアガラス

サファイアガラス

サファイアガラスは、酸化アルミニウム結晶で、単一の合成サファイアの塊からカットされます。サファイアクリスタルをカットし、14~20の工程を経て最終的な形が作られます。その硬さは、モース硬度では9、ヴィッカーズ硬度では1,800となります。この硬さを超える物質は、ダイヤモンドのみです。サファイアクリスタルの主な特性はその耐久性および実質的に傷がつかない手園です。引っ掻きに対しては、極めて高い抵抗性があり、時計がその美しい外観をさらに長く維持することを可能にします。このクリスタルは、ガラスの両面を反射防止コーティングで覆っています。いくつかの極めて薄い金属酸化膜の層が重なり、クリスタルの表面での反射を低減します。これによって、ダイヤルの美しさがさらに高まるだけでなく、ダイヤルの読みやすさが増すことで、ウォッチの機能性を高めています。

お求めはこちらから: Essential Light Hours, Essential Dark Hours, Vision Classic Champagne, Vision Classic Silver, Vision Classic Gold, Vision Shine Electron, Vision Shine Moon, Vision Shine Carbon


イタリア製レザー

イタリア製レザー

私たちの使用するレザーはイタリアの優れた技術を持つ工房の製品です。独自の加工工程によって、美しさ、耐久性および強さを保証しています。カーフレザーのブレスレットは、手触りが柔らかく、滑らかです。また、レザーパディングは、湿気に強い性質を持ちます。ブレスレットの内部は、低アレルギー性で、なめしは天然の材質を使用しており、ビロードのような極めて柔らかい手触りです。

お求めはこちらから: Essential Light Hours, Essential Dark Hours


フランス製ラムスキン

フランス製ラムスキン

ディップ加工を行ったラムスキンは、1863年以来、セントレ・ヴァル・ド・ロアール地域を中心とするなめし職人の手によるものです。ラムレザーは、非常に素晴らしいきめ細かいグレインと手触りに柔らかさが特徴です。ディップ加工を行い、浸しと染め工程を経て、かけがえがない色が現れます。革の色が褪せないように、色止め剤も使用します。こうしてできたレザー製品は、素晴らしく柔らかな感触が保たれます。最高の材質だけにこの処理がほどこされるため、職人からも、ラグジュアリーの主要ブランドからも非常に高い評判を得ています。

お求めはこちらから: Vision Classic Champagne, Vision Classic Silver, Vision Classic Gold, Vision Shine Electron, Vision Shine Moon, Vision Shine Carbon


フランス製カーフスキン

フランス製カーフスキン

カーフスキンは、1803年以来ロマンシュリゼールにある古い製革所の製品です。フルグレインのカーフスキンは、きめ細かさ、均一性および滑らかなグレインが特に美しく出ているものを注意深く選び抜いています。このレザーの柔軟性および永続する品質は非常に珍重されています。

お求めはこちらから: Vision Classic Champagne, Vision Classic Silver, Vision Classic Gold, Vision Shine Electron, Vision Shine Moon, Vision Shine Carbon


ルイジアナ産アリゲーター

ルイジアナ産アリゲーター

ルイジアナ産アリゲータースキンの選別は、手で行い、イタリアのピエモンテ地方の製革所で色加工を行っています。準備には少なくとも連続した50の段階があります。染め込み、漂白、削りおよび磨きなどです。こうして生まれた革は理想の独特な美しさを持っています。四角い鱗は、ラグジュアリー職人から特に重視されています。ワニ皮の脇腹は、半光沢加工として石のめのうで磨かれます。私たちの工房は、すべて関係当局によって確立された動物処理憲章に従っています。

お求めはこちらから: Vision Classic Silver, Vision Classic Gold, Vision Shine Moon, Vision Shine Carbon